youtube movies

あーす・わーくすでは、基本設計時のモデリングのスタディにスケッチアップという3次元ツールを使っています。
模型を複数作って形の確認を行なっていたものが、リアルタイムで何度でも形の確認→変更を繰り返して家の形や時には光の入り具合などを確かめて間取りの検討とともに設計を行うことができます。

よくある簡易な3次元ソフトは、間取り→壁立ち上げて屋根かけて3次元、という手順になりますが、このモデルは3次元の形を先に作ってそこから断面を切り出す形で平面図や断面図のもとにする手順になります。
したがって、本来の意味の自由な3次元設計が可能になります。

このモデルはスタディの為に使っているものですが、そこに手を加える事で上記のようなプレゼンテーション用の動画にすることもできます。模型も捨てがたい味がありますが、施主さんの手元で見ていただくには便利なツールです。

一級建築士事務所 オフィス・アースワークス   http://office-ew.com
      アクセス:横浜駅より徒歩8分  TEL:045-314-5360