What's new

What's New Image

Go to News List


ドリフトピン工法

木造在来工法で金物工法(ドリフトピン工法)をお薦めする理由

昔の大工さんは木を組むにあたって仕口と呼ばれる強固なジョイント方法を作っていましたが、現代の在来工法プレカットでは仕口は引っ掛けるだけのものになっています。それを外付けの補強金物で補っているが現代の在来工法です。
金物工法は強固な仕口を現代の技術で再現したものです。
ぜひ金物工法(ドリフトピン工法)を指定してください。
                  こちらも参考に→大黒柱は強くない
   ※ 金物のメーカーは何社もあり、プレカット会社で扱っているものを
     使うことになります。写真は幾つかのコラージュ